>レポート>遺品整理はプロに依頼【素早く片付けしてくれる】

遺品整理はプロに依頼【素早く片付けしてくれる】

作業員

遺品整理業者に依頼する理由

遺品整理は同居する家族や近い関係の親族が亡くなった時に、故人の身の回りの品や愛用品を片付けて処分したり、残したりして仕分けをすることです。何故遺品整理を専門の会社に依頼するかと言うと、同居している家族や手伝いができる親族が少なく、片付けが難しい場合があるからだと推測されます。たいていの場合、四十九日の法要に合わせて形見分けが行われますが、亡くなられてから1ヶ月足らずで行うことが多く、限られた期間で片付けをするのは難しいでしょう。一人暮らしの方が亡くなった場合は、貸室の明け渡しを数日中に求められたり、家を売却したりするケースもあり、日程が詰まっていることもあります。手伝いに来る親族も遠方に住んでいるのであれば、少ない人数で移動時間をかけて片付けをするのは大変でしょう。京都で遺品整理を頼むのであれば、ハウスクリーニングやリサイクルショップの会社と提携している場合があり、掃除や不用品の処分と買取を依頼でき利用しやすいです。

作業員

遺品整理業者へ依頼する流れ

利用したことのある方からの紹介やインターネットや口コミサイトなどで、京都を営業エリアとする遺品整理会社を探します。たいていの会社では電話や公式サイトの申込フォームから依頼できますが、相手が信頼できる会社か確かめるためには電話で直接話をした方がいい場合があります。見積もりの依頼をする時には、整理をする部屋数や処分する品物の量などをできるだけ詳しく説明し、家電や家具等の買取が可能な場合は、品物の状態を詳しく説明します。候補を絞って見積もりを出してもらい、料金プランや人件費や車両費等詳しい内訳を確認し、希望に適う会社に正式に依頼して日時などを決めます。当日は運搬に必要な車両と共に必要なスタッフが来て作業をしますが、依頼者側は保管が必要な品物の確認や買取の査定のために立ち会う以外は特に手伝うことはありません。平均して数時間から半日程度で作業が終わり、現金などで処分費用や作業の費用を支払って終了することがほとんどです。形見分けをする品物以外で買取が可能な遺品があれば、処分費用と査定額を相殺して割引することが可能になり、処分費用が抑えられることもあります。