>info>第二の人生を楽しむために老前整理を行っておこう

第二の人生を楽しむために老前整理を行っておこう

花

注目される老前整理

人は年を取ると、体が衰えて日常生活を送ることすら困難になります。そこで、近年は元気なうちに不要な品を処分する老前整理が流行しています。老前整理は終活の一つと考える人もいますが、死に向かうだけでなく、第二の人生を楽しむための準備としてもおすすめです。

男女

老前整理は業者と一緒に行う

老前整理を思い立っても、自宅に所有している物が多過ぎて、何から手を付けたら良いのかわからないという人は少なくありません。自身で老前整理を行うことが難しければ、専門業者に依頼しましょう。遺品整理同様に家族と一緒に身辺整理できるので、短期間のうちに不用品をまとめて処分したいという人に人気です。

モノを捨てるか否か迷った時の5つの判断基準

ダンボール

一年以内に使ったか考える

基本的に、一年以上使用していない物は今後も活躍する可能性が低いと考えられます。いつまでも溜め込んでいても仕方ないので、思い切って人に譲るか処分してしまいましょう。

役に立つか考える

装飾品は、取っておいても利便性の低いものです。装飾品は最低限に抑えて、過度なアイテムは処分しましょう。質の高いアイテムであれば、業者に買取依頼することも可能です。

代用できるものがあるか考える

同じアイテムを複数持っていても、使用する個数は限られています。紙袋や包装紙、ポケットティッシュなど、複数抱えている場合には大半を処分してしまいましょう。雑貨はいざとなれば購入することができるので、捨ててしまったからといって後々後悔するようなことはないので安心してください。

思い入れがあるか考える

金額や品質に関わらず、物には人の思いが込もっているものです。老前整理だからと、無理に大切な品を処分する必要はありません。身近においておきたいアイテムがあれば、捨てずにしばらくはとっておくと良いでしょう。反対に、思い入れのないものは、ある程度割り切って処分してしまうことが大切です。

冷却期間を設けてじっくり考える

身の回りの品を整理していると、物によっては捨てるべきかとっておくべきか迷ってしまうこともあります。迷った時には無理に処分せずに、一定期間とっておくと良いでしょう。処分はいつでもできるので、判断がつかないうちは一定の冷却期間を設けてよく考えることも大切です。